SEOとは

SEOとは何なのか
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で日本語で直訳すると、「検索エンジン最適化」と表現することができます。
意味としては、検索エンジンに最適化するということになりますが、多くの方は、SEOの対策を行い、上位表示することを目的として取り組んでいます。

 

SEOの歴史

 

検索エンジンというと、今はGoogleがその代名詞ともいえる存在ですが、実はGoogleのドメインが登録されたのは、1997年9月のことでした。それよりも前に、インターネットが
登場するという歴史があるのですが、そもそもインターネットとは「みんなものである」という宣言が今もなされているほどで、あくまでもGoogleは、インターネット上にある無数の情報を、
ユーザーが求める情報として手軽に取り出せるようにしたことにあります。

 

ある意味、情報の整理が上手く行ったことでシェアを勝ち取ったと言えるGoogleですが、
ゆえに常に、お客様を大事にしており、お客様の声を反映し続ける検索エンジン作りを心がけています。

 

検索エンジンの順位を決めるアルゴリズムは絶えず進化を続けている

 

検索エンジンは、これまで順位を決める要素が存在していましたが、その精度は年々上がってきています。
ユーザー思考の高いサイトは評価が上がる傾向にあり、テクニカルではなく、顧客満足度の追求をしているサイトは、より一層残りやすくなってきていると言えます。

 

その観点で見てみると、実は、現在インターネット上で上位表示をしているサイトでも、
改善の余地があるサイトや、検索エンジンとユーザーが意図する情報提供と不一致が起きているサイトは多くあり、
チャンスは多々あると捉えて間違いなさそうです。

 

案外、プロのWEB業者においても、訪問者のニーズを捉えきれていないケースは、現在も散見される状況にあります。

 

SEOはコンテンツ重視の時代になりつつある

 

最近、SEO対策に従事していた感じることは、コンテンツ重視の時代になりつつあるということです。ひと昔前は、被リンクも重要な要素として挙げられていましたが、今では、コンテンツを高める努力をしていれば、被リンク無しでも上位表示するケースが増えてきました。

 

どういうことかというと、記事の品質を定期的に高め、サイト訪問者が想定した以上に、満足してもらえるようなサイトを運用していれば、自然と順位が向上していくということです。そのため重要なことは、サイトの構造がどのように設計されているかというよりも、サイト訪問者が満足するサイトとはどのようなものなのか、そこに注力していくことが大事だということです。

 

そこで当社が推奨しているのは「コンテンツ会議」です。

 

従来ですと、現在の検索順位上位のコンテンツを調べながら、ニーズを把握して、それ以上の記事を作成していくという方法を推奨しているケースが、ネット上でも見受けられましたが、今ではその方法は、通用しにくくなってきます。最初のうちは、真似という感覚で練習になってよいかもしれません、しかし、逆に現在上位にある記事の観念にとらわれて、更に質の高い記事を生み出すための発想が出にくくなるケースもあります。

 

是非ともそういう観点から抜け出すために、第三者などの協力も得ながら、柔軟に「コンテンツ会議」を行い、1ページ1ページの記事の質を高めて頂ければと思います。