meta description(メタディスクリプション)

あなたは「meta description(メタディスクリプション)」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?meta description(メタディスクリプション)とは、インターネットで検索エンジンに表示される時に、記事のタイトルと一緒に表示される「説明文」のことを指します。

 

2010年頃は、このメタディスクリプションは、SEO対策に有効とされ、検索エンジンの順位付けに影響してきた時代がありました。

 

そして現代においては、SEOには直接影響しないというのが通説となっており、当社も異論はありません。しかしながら、当社はメタディスクリプション内には、キーワードを挿入することを意識しています。
その理由は、下記の画像の通り、該当するキーワードがあれば、太字で表示してくれるため、サイト訪問者の視認性は増し、ページに訪れてくれる可能性は高まるからです。

 

メタディスクリプション検索

 

この画像にあるように、Googleは、例えばカタカナで「メタディスクリプション」と検索しても、英単語の「meta description」も黒字になっています。サイト訪問者の方が訪れる上で、さすがにキーワードが含まれていないと、ページ内に訪れてくれる可能性は低いと思います。

 

メタディスクリプションは自動生成される

 

また、このメタディスクリプションですが、設定を忘れても、Googleが勝手に文面から抽出して、お勧めのメタディスクリプションを表示してくれます。案外こちらの方が、自分で考えた文章よりも良かったりすることもあるため、良く分からない方は、そこに注力するよりも、ページの品質を高めることに注力されることをお勧めいたします。

 

メタディスクリプションは間接的にSEOに関係がある

 

これに関しては否定できません。なぜならば、魅力的なメタディスクリプションがきっかけでサイトに訪問し、ページ滞在時間があがり、コンバージョン率や、回遊率が上がれば、サイトの評価は上がる可能性があるからです。間接的な意味で、SEOに関係があるというぐらいの捉え方で良いと思います。

 

以上、ご参考になる部分があれば幸いです。