サイト表示速度

サイト表示速度とは、そのページを開いた際に、どのぐらい時間がかかるのかを示したものになります。この指標に関しては、Googleがサイトの順位に影響すると明言しているため、それ相応に、サイトの表示速度が早いサイトを準備する必要があります。

 

目安としては、3秒以内と言われていますが、その理由は、3秒を超えると50%以上の方がサイトを離脱するからと言われています。これまで施策をしてきた経験では、極端にページ速度が遅いサイトは、検索順位を落としますが、それ以外のケースでは、順位に与える影響は小さいと判断しています。

 

以下は、「海外SEOブログ」に掲載されていたGoogleの発言の引用ですが、3秒や2秒の表示速度だと、サイト訪問者からするとじれったいため、目安として1秒以内の表示速度は目指していきたいと考えております。

 

 

サーバースピードというものを見るときには、2つの側面があると思う。

 

1つの側面は、ブラウザで認識される時間だ。つまり、レンダリングにかかる時間だ。

 

これは、たしかにランキング要因になっている。といっても、おそらく大きな影響力はない。通常は、本当に遅いサイトと一般的な速度のサイトを差別化しようとするくらいのものだ。

 

よって、数ミリ秒単位で高速化しても検索結果には何も影響しないだろう。

 

しかし、サイトを速くすればするほど、ユーザーの滞在時間が伸びたり、サイトでより多く行動したり、ほかのひとに勧めてくれたりする傾向にあるのは明らかだ。したがって、間接的には間違いなくランキング要因だ。

 

サーバースピードにおけるもう1つの側面は、クローリングに関係してくる。つまり、どのくらい速くサイトのページをクロールできるかだ。

 

直接的なランキング要因ではないが、サイト上の新しいコンテンツや更新されたコンテンツをどのくらい速やかに取得できるかに実際に影響してくる。

 

たとえばあなたがニュースサイトを運営していたとしよう。十分なスピードでそのサイトを私たちがクロールできなかったとしたら、あなたが公開したニュース記事のいくつかを見逃してしまうかもしれない。これは、あなたのサイトよりも多少速くクロールできる競合サイトと比較したなら、検索結果での露出を失っているということになりうる。

 

こういうことがありうると、覚えておいたほうがいい。

 

一方で、これが、数年間同じ状態のままの静的なサイト、たとえばコンテンツが同じままの情報提供サイトだとしたら、そんなに素速く私たちがクロールできなかったとしても、そのサイトで公開されているコンテンツを見逃すことはなさそうだから、検索には何も影響しないだろう。
(引用:海外SEO情報ブログ

 

サイトの表示速度をチェックするサイト

pagespeed

 

総合的にサイトの表示速度をチェックする場合、Googleが提供している下記のサイト(PageSpeed Insights)を活用されることをお勧めします。

 

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

キャプチャーさせて頂いたのは、僭越ながら当社のサイトですが、100点満点中でグリーンゾーンの評価を頂くことができました。しかしながら、あくまでも検索順位への影響は、さほど大きくないためレッドゾーンの判定のサイトでも、コンテンツが充実していれば上位表示しているサイトはごまんとあります。表示速度のスピードアップだけに躍起になる必要はありませんので、参考程度に見て頂ければと思います。