Search Console(サーチコンソール)

Search Consoleの中でもSEO対策に使える3つの機能

あなたは、GoogleのSearch Console(サーチコンソール)を活用されていますでしょうか?現在、検索エンジンの主流はGoogle(ヤフーも同じエンジンを採用している)となっているため、Googleで上位表示することができれば、十分なアクセスを呼び込むことができるようになります。

 

そのGoogleが提供しているのは、サーチコンソールで、Googleがどのようにあなたのサイトを評価しているのか、細かく指針をみることができます。

 

ページの重複であったり、手動ペナルティ(圏外に飛ぶ)を受けているか、何かしらエラーが出ているページが出ているか、クローラーの巡回数など、様々な数値を見ることができますが、健全にコンテンツ強化に努めていれば、これらの項目はあまり気にする必要がありません。そこで今回は初心者の方でも扱えるよう、最低限これだけは知っておきたい3つの機能についてご紹介します。

 

検索パフォーマンス

 

サーチコンソールの画面

 

まず最初にお勧めしたいのは、「検索パフォーマンス」です。画面をみて頂くと一目瞭然ですが、Google経由での、あなたのサイトにおける検索エンジンからの流入を見ることができます。

 

  • どのキーワードであなたのサイトが表示されているのか
  • そのキーワードにおける順位は何位なのか
  • 検索エンジン上に何回表示されたか
  • 検索エンジンに表示された結果、何回クリックされたか

 

を見ることができます。

 

これを見るだけでも、あなたのサイトの評価を確認することができます。
この管理画面をみていると意外なキーワードであなたのサイトが表示されていることがわかったりすることがあります。

 

そのキーワードは、ある意味「Google」からの提案と見ることができますので、
この画面で表示されたキーワードの中で、更なる順位アップを狙いたいものがあれば、コンテンツを強化するのもありかもしれません。

 

URL検査(旧:Fetch as Google(フェッチ アズ グーグル))

 

この機能は、あなたのサイト(各ページ)において、インデックスを促す機能で、トップページだけでなく、各ページそれぞれに対して、クローラーの巡回を促すことが可能となります。
サーチコンソールの全ページの上部に表示されており、インデックスさせたい対象のページを入力ことで、巡回を促すことが可能となります。

 

この機能は、コンテンツを強化していれば、Googleは自然とその内容をキャッチしてくれるため、正直無くても構わないのですが、サイトタイトルの変更時や、Googleに早く、修正を認知してもらいたい時には有効ですので、覚えておいて損はありません。

リンク

 

こちらは、あなたのサイトに現在どのような被リンクがついているのか、外部リンク、内部リンクを表示してくれます。

 

あなたのサイトが、他のサイトにリンクをつけてもらっても、すぐに認知してもらうということは通常あり得ません。Googleのサーチコンソール上には、リンクの設置後10日〜1ヶ月後ぐらいの間で、認知されます。本当に優良な被リンクが付いた場合は、サーチコンソール上に表示された時点で、いきなり順位が上がる可能性があります。

 

またその逆で、悪質な(自動)ペナルティを受けるようなリンクが付いた場合は、いきなりあなたのサイトが圏外になったりすることもあります。
そのような悪質なリンクがついていないか、時折、あなたのサイトについているリンクは確認しておくことで、いきなり圏外に飛んでしまった場合、その原因となったリンクを特定し、「否認」することで順位が回復することがあります。

 

SEO対策を普段意識されない方からすると、「リンク」を気に掛けるというのは、あまり馴染みのない概念かもしれませんが、「逆SEO」から身を守るためにも知っておくと便利です。

 

サーチコンソールの活用法まとめ

 

いかがでしたでしょうか。まずは、最低限、今回お伝えしたことさえ知っていれば、あとはコンテンツ強化に集中して頂くだけで大丈夫です。是非ともGoogleのサーチコンソールを活用し、あなたのサイト改善のヒントを得て頂けましたら幸いです。