wordpress(ワードプレス)

ワードプレス(wordpress)におけるSEO対策で上位表示は可能なのか

サイトを運営している方であれば、ワードプレスという言葉は馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

 

ワードプレスとは、無料で公開されているオープンソースのブログソフトウェアです。
今では個人が気軽にホームページを制作できる時代となり、「ドメイン」と「サーバー」さえ契約すれば、
ワードプレスの立ち上げ機能まで一緒にセットになっていることがほとんです。

 

必要事項を入力し、
簡単に数クリックだけでホームページを立ち上げることができます。

 

ワードプレスとは、先述した通り「ブログソフトウェア」がベースになっています。
そのため、「投稿」という機能がついており、デザインも「投稿」を起点として構成されているものが多いです。

 

ではこのワードプレスですが、
「SEO対策」という観点からみると、どうなのでしょうか。

 

その辺りについて詳細を見ていきたいと思います。

 

ワードプレスはSEOに強いのか

 

以前より、ワードプレスはSEOに強いと言われてきました。数年前に発表されたGoogleの公式見解においても、
「ワードプレスはSEOに有効であり、必要な要件のほとんどを占めている」というコメントが出されています。

 

そして事実、インターネット上で上位表示されているサイトの多くは、「ワードプレス」で構成されているものがほとんどです。
結果論で言えば、「ワードプレス=上位表示されているサイトが多い」ということは言えるため、
そのような認識をされている方も多いです。

 

では、
「ワードプレスはSEOに強い」
という結論でいいのかと言われると、

 

私はそれに関しては、半分正解で、半分そうではない。
というのが持論です。

 

というのは、構造的な優位で上位表示する時代は、
終わりを迎えようとしているからです。

 

ワードプレスはSEOに強いという考え方では、ユーザー思考は生み出せません。
綺麗なトップページであるとか、最近のワードプレスのデザインの傾向にある、「アイキャッチ重視」のサイト構成が
本当にユーザーファーストなのか、疑っていく必要があるのです。

 

(もちろんそのようなことを言いながら、SEOに強いと言われるワードプレスのテンプレートが出れば、もちろん試しますし、検証はしています。理屈ではなく実証が大事だというのも間違いないです)

 

もちろんデザインが古すぎるというような要素はマイナスになる可能性もありますので、その点をクリアしやすい面ではワードプレスは有利ともいえます。
しかし現状でいうと、成約率が高いサイトは、ページの滞在率も高く、結果としてSEOに関しても評価が上がりやすい傾向にあります。

 

そういう面では、画像などのみためも大事ですが、テキスト(文字)の追求も大事ではないでしょうか。

 

まとめ:ワードプレスとSEOの関係は

 

私からみると可もなく、不可もなくというところだと考えています。

 

そして、個人的に色々試したなかでは、記事ごとのSEOは問題ありませんが、トップページにおけるSEO対策という面では物足りなさを感じます。

 

上記を踏まえてSEO対策を検討して頂ければ幸いです。