ビジネス敬語におけるSEO対策

ビジネス敬語におけるSEO対策のポイントは

インターネットにおける検索エンジンを利用する目的は様々ですが、
「今すぐ困っていることを知りたい」という悩み解決から、「気になっている商品があるから購入したい」という購買に結び付くものまで、
様々なものがあります。

 

今回のコラムでは、「ビジネス敬語」に関するお困りごとを解消するというテーマで、
SEO対策の方法をお伝えしていきたいと思います。

 

このビジネス敬語は、前者の「今すぐ困っていることを知りたい(解決したい)」という要望の利用者の方に対して、
提供していくジャンルになりますが、ほとんどの検索者は、この悩みを解決するために「費用を払いたい」とは思っていない可能性が高いです。

 

想定される利用シーンとしては、
今オフィスいて、「メール文章を作成している」。または「手紙を書いている」
そのような時に、自分の文章の使い方は合っているのか、確認するというのが、当てはまると思います。

 

ビジネスシーンにおいて間違って敬語や使ったり、
本来の意味とは違う活用法をしてしまうと、赤っ恥を書いたり、取引先に「頼りない」と思われてしまう一因にもなりかねません。

 

例えば、検索ボリューム多く、確認されやすい言葉として、

 

「ぶしつけな(不躾な」)という言葉があります。

 

下記のサイトのように、おすすめ文例やNG例などが記載されていると分かりやすいですね。
https://topsales.link/archives/218

 

テキスト量も十分に多く、検索者の方が知りたい要望に応えるべく、
まんべんなく情報を記載していることもSEOの加点ポイントになります。

 

今回ご紹介したような、
「ビジネス敬語」というジャンルは、敬語の数だけ需要があり、
アクセスが稼ぎやすい分野と捉えることもできます。

 

こちらはサイトは119個のボキャブラリーを紹介していますが、
あらゆるキーワードで上位表示しており、ユーザーからの信頼を得ているように思います。
https://topsales.link/

 

まとめ:知りたい系キーワードのSEOは、情報をまんべんなく載せる

 

シンプルですが、情報をどのサイトよりもまんべんなく掲載していれば、自ずと順位は向上してきます。
このようなジャンルを一つずつ発見して、サイトを構築していくのも、自身のメディアを構築していく上で有効なのではないかと思います。