社会人 飛込営業でホームページ制作受注

大学生の頃までゲーマ人生を歩んできましたが、社会人となり、
何とか採用されることがで、まさかの営業マンとして新入社員生活がスタート。

 

しかも営業スタイルは、飛び込み営業で販売している商品は事務機器。

 

一体どうやって売っていいのか分からないという段階ではなく、
そもそも対人恐怖症で、訪問が出来ないところからスタート。

 

この時点で大きく悩んだことが幸いし、解決策をもとめて本やネットで調べていたとこおr、、
佐藤康行著「無限のセールス」に出会い、活路を見い出す。

 

対人恐怖で飛び込み訪問が出来なかった状況から、お客様先に行けるようになり、
またお客様の事を考えることができるようになってくる。

 

このことをきっかけに商品が飛び込みでも売れるようになり、
扱う商品に対しても愛着がわくようになり、徹底的に調べまくる。

 

口下手で、話すことが苦手だったため、どうしたらお客様に興味をもってもらえるか、
考えていたところ、

 

同じく佐藤康行著「サンタ営業・ドロボー営業」に出会い、
お客様の素晴らしさを発見するという発想に感銘をうける。

 

その内容をヒントに、
こちらがお客様の興味関心があるものに、興味をもったらどうかと思いはじめ、
お客様が販売する商品に関しても、徹底的に調べはじめました。

 

気が付けば勝手に、「お客様の扱っている商品のチラシ」を作成し、
飛び込み訪問で、お客様の商品をPRするという謎の手法で飛び込み営業を開始。

 

「あなたの扱っている商品が素晴らしい」とどんどんPRしていくと、
面白いようにお客様の話も聞け、気がつけば

 

顧客をどんどん開拓することができた。

 

ホームページ制作を飛び込みで受注できるようになる

 

そんなある時、

 

飛び込み営業をしながら、ホームページ制作の受注を取る方法を考え出し、
新規訪問と同時に、「ホームページのラフ案」を持って行き、

 

先にアイデアを提供するスタイルで開拓を開始。

 

そんなある時、契約先のお客様から、
「ホームページを作ってもらったのはいいけれど、どうやったらお客は来るのだろう」
と聞かれ、答えられなかった自分に愕然とする。

 

「(ほんとだ・・、ホームページを作っても、お客様の呼び方が分からない)」と
心の中でつぶやいたのを今でも覚えている。

 

当時は、
SEOという言葉も知らなかったため、とにかく、
名刺やチラシにQRコードをつけて、多くの人にホームページを見てもらえるよう
工夫をして、お客様の商売繁盛へ向けて動きだした。